サイトマップ

ノーローンの申し込み~利用まで

ノーローンというキャッシング業者は、大手銀行の「新生銀行」グループに属しています。

 

 

同じ新生銀行グループには、かつて大手消費者金融として名をはせ、現在は新生銀行のカードローンブランドともなっている「レイク」もあります。

 

同じグループに属しているため、レイクとノーローンは関係性が深く、申し込みもその一つです。

 

レイクの自動契約機が使えるノーローン

レイクには駅前や郊外に自動契約機があります。

 

自動契約機があれば、店舗よりも遅い時間まで申込ができますし、申し込みからカード発行までその場でできます。

 

非常に利便性の高い機械なのですが、ノーローンは自前の自動契約機を持っておりません。

 

しかし、レイクの自動契約機をりようして、ノーローンの申込をすることができるのです。

 

申し込みをする

レイクの自動契約機の稼働時間は、8時45分~21時までとなっており、平日はもちろん土日祝日も同様の稼働時間となっております。

 

ただし、第3日曜日のみ8時45分~19時までの営業となりますので注意しましょう。

 

即日融資を希望する場合には、稼働終了時間の30分前までに来店をして申し込みを完了させてください。

 

来店の際には、運転免許証、健康保険証、パスポート、顔写真付の住民基本台帳カード などの本人確認書類も忘れずに持ってきてください。

 

レイクの自動契約機の前に立ったら、画面の下にある「ノーローン」のマークにタッチをします。

 

それ以外のボタンはレイクの手続きボタンですので、間違えないように注意しましょう。

 

申込書への記入もあるにはありますが、ほとんどありません。

 

ほとんどはタッチパネルを使った入力作業ですので、スムーズに申込できますし、筆不精の人でも安心です。

 

もし自動契約機の操作で分からないことがあれば、自動契約機の横にある受話器を取りましょう。

 

オペレーターが電話口に出てくれて、分からない部分をサポートしてくれます。

 

審査・契約をする

レイクの自動契約機での申し込みが完了しますと、続いて審査へと入ります。

 

審査にはおおむね30分程度の時間がかかります。

 

その場で審査結果を教えてくれるだけでなく、利用限度額も教えてくれます。

 

その利用限度額で納得でしたら、続けて契約となります。

 

契約の際には、利息や返済日、返済方法などの説明が行われます。

 

説明に納得がいけば、契約書に必要事項を記入しましょう。

 

契約が完了すると、自動契約機からノーローンのカードが出てきます。

 

レイクの自動契約機にはATMが併設されており、ATM稼働時間内であればすぐにお金をキャッシングできます。

 

自動契約機は消費者金融だけのものと考えられがちですが、レイクにしても他の銀行にしても、一部で契約機を設置しているところがあります。

 

銀行の中でもメガバンクの三井住友銀行もカードローンの契約ができる契約機を用意しているため、週末であっても三井住友銀行カードローンの即日融資も可能となっているのです。

 

インターネットで申し込みをする

自動契約機だけでなく、ノーローンのホームページからの申し込みも可能です。

 

パソコンや携帯電話など、インターネット回線につながるものであれば申し込みできます。

 

インターネットでの申し込みの際にも、即日融資が利用できます。

 

ただしこれにも条件があり、楽天銀行の口座を持っている方は17時までに審査結果が伝えられれば、その日のうちに楽天銀行の口座へお金が振り込まれます。

 

楽天銀行の口座を持っていない方は12時半までに審査結果を伝えてもらえば、その銀行口座への即日融資が可能です。

 

申し込み自体は24時間可能ですが、審査回答時間は9時~20時までですので注意しましょう。

 

審査結果~利用まで

審査結果がメールもしくは電話で知らされ、その後契約となりますが、契約方法は2種類あります。

 

すぐにカードがほしい方はレイクの自動契約機で契約をすれば、その場でカードを発行してもらえます。

 

レイクの自動契約機へ行くのが難しい方は、郵送での契約となります。

 

自宅に契約書やノーローンのカードが送付されてきます。

 

カードは今後の借り入れや返済を行うために必要となりますので、どうしても後日に送付されてしまいます。

 

家族にばれてしまうかもしれないなどの理由でカードの送付が困るといった方は、カードレスでのキャッシングも可能となるプロミスの来店不要契約を進めると良いでしょう。